理想の体型はトレーニングと食事から

誰もが憧れる、スリムで引き締まった体型。これは男女にかかわらず理想の体型です。若い頃は何もしなくてもきゅっと締まったウエストや二の腕ですが、徐々に柔らかくなってやがてたるんでしまいます。

 

40歳くらいを境にどんどん体型が変わっていきます。ヤバイと思ってトレーニングを始めても元に戻るのはそう簡単なことでないことが分かって、がっかりしてしまうというのが多くの方が経験する現実なのです。

 

そうならないためには、若いときからトレーニングを続けることと、食生活に気を配ることです。
ちょっとしたことでも、「継続は金なり」です。階段を使う、なるべく歩く、朝晩のストレッチと腹筋やスクワット3分などとともに、暴飲暴食を避ける習慣や栄養が偏らない食事メニューなどを習慣づけておくと中高年になってからあわてなくてもいいです。

生活習慣病を防ぐトレーニングジム

生活習慣病とは、糖尿病・肥満症・脂質異常症・高尿酸血症・心疾患・脳血管疾患・高血圧・大腸がん・歯周病などがあるとされています。

 

これらの中で、運動によって予防・改善ができるものとして、糖尿病、肥満症、脂質異常症、心疾患、高血圧などがあげられます。その他の病気に対しても運動によって体力を増強し、基礎代謝をアップさせることで予防や改善につながることがわかっています。

 

つまり運動は人間の体が必要としているものであって、一生の仕事と位置づけ継続していくことがとても大事なことなのです。

 

健康を保つためには筋肉が必要で、筋肉量が減ってくると病気に罹りやすくなります。ジムに通うことで、運動をしているという意識を養い、せっかくトレーニングをしているのだからと、食事にも気を配るようになります。

 

自分に合ったプログラムを作成してもらえば、さらに効果が期待でき、健康生活を送れるでしょう。