トレーニングマシンの種類

トレーニングを行うためのマシンには、「筋肉トレマシン」「有酸素マシン」などがあります。

 

<筋肉トレマシン>は、筋力アップを目的としたトレーニングのマシンで、部位ごとに違うマシンを使用します。約15種類以上の部位別マシンがあります。
ショルダーブレス(肩)、ベクトラルマシン・インクラインチェスト・チェストブレス(胸)、レッグエクステンション・レッグブレス・レッグカール(脚)、グルート・アブダクター(おしり)、アダクター(内もも)、ラットマシン(背中・肩)、アブドミナルクランチ(お腹)、ロータリートーソ(脇腹)、ローワーバック(背中)などがあります。

 

<有酸素運動マシン>は、ランニングマシン、エキサイトシンクロ、エアロバイクなどランニングや自転車こぎなどの応用的なマシンがあります。有酸素運動は心肺機能を高め、血液循環を良くする効果や脂肪燃焼効果が期待でき、持久力アップにも効果があります。

 

トレーニングジムと聞くと、ムキムキの筋肉のイメージを持ちます。
ジムは天候に左右されずに、自分の目的に合わせて運動ができる施設です。

 

ジムには有酸素運動ができるマシンや、筋肉を鍛えるマシンが置いてあり、自分のペースで運動をしたり、からだを鍛えることができます
また、ジムに併設してプールやスタジオなどの設備があるところでは、ヨガやエアロビクスなどの教室を開いていたりします。

 

施設によっては、テニスやスカッシュ、ゴルフなどの設備を持っているジムもあります。さらに、汗をかいた後に使えるシャワールームだけでなく、お風呂やサウナ、果てはレストランやカフェまであったりと娯楽施設と間違えそうなジムまであります。

 

健康や美容を目的としてジム通いする方が多いのですから、毎日楽しく通うことができるよう工夫がされています。

 

トレーニングプログラム

トレーニングジムでは利用者それぞれの目的・体力・運動条件などに合わせたトレーニング計画を考えたプログラムが用意されています。

 

ジムには、専門知識を持つトレーナーが常駐していますから、自分が何を目的で体を鍛えたいのかを伝えて、一番効果があるプログラムを作成してもらいましょう。

 

筋肉増強とダイエットでは同じマシンを使うのでも、使用方法が異なります。
他のマシンとの組み合わせや、休憩の取り方など、知識豊富なトレーナーやスタッフなら適格なプログラミングをしてくれます。

 

間違った筋トレをすると、筋肉をつけたいところにつかず、ついてほしくない所についてしまったりするとガッカリします。
プログラムを作成したら、内容を確認しながら行うことが大事です。

 

また、病後のリハビリのつもりでジム通いをされる方などは特に、注意が必要です。間違ったトレーニングはリハビリどころか、ケガや病気回復を遅らせることにもなりかねません。必ず医師の許可が必要ですし、トレーナーの指導の下で行うことが重要です。